おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
台風通過

3号は今日明け方から10時ごろまで強い風と雨を伴って長崎市を通過して行った。

写真は長崎サンセットマリーナ沖に錨泊していた五島航路のフェリーと伊王島。8時半ごろ撮影。

手前の海面は静かでも、沖合には白波さらに島の手前には強風が吹き抜けている海面が見えた。

昼過ぎには青空が少し見えて、白波は見えなくなった。

3号のような移動のスピードが速い台風は、ウネリを送って来ることがないからまだいい。

さらく 2017/07/05(Wed) 13:59 No.243 [返信]
Sorry Tシャツ

Sorry Tシャツ。背中には台風が沖縄と日本に近づく絵。以前、石垣島で見つけたもの。すれ違う時、胸のSorryを見てから振り返らないとジョークに気が付いてもらえない。3号、まだ大雨の被害出そう。都議会選挙、新聞の川柳に「立ち返る初心これまた怪しかり」。ガース―の横暴に一首投稿「北ミサイルそれはまったく当たりません」、残念ながらボツ。理由の一つはどこかで船に当たらないとは限らないから、もう一つはガースーがらみの川柳投稿があまりに多かったから、のようでした。

さらく 2017/07/05(Wed) 13:57 No.242 [返信]
油壺

一昨日、神奈川県三浦半島の油壺へ回航で入港。小さな湾の中にある入り江で停泊地としては最高の場所。東京湾を吹き抜けてくる強風と雨の中、巨大船を避けながら野島崎から城ヶ島へ渡った後だったのでホッとした。沖合いでは10艇近いクルーザーがちょうどレースをフィニッシュしてスピネーカーをダウンしているところだった。彼らの後を追うようにしてこの入り江に入った。

さらく 2017/06/20(Tue) 15:11 No.241 [返信]
島の川

中通島というと商店街の島みたいだが、御多分に漏れず島民は減り続けている。その島のある港の川底に動物の骨が。雄鹿だ。

さらく 2017/06/12(Mon) 14:26 No.232 [返信]
Re: 島の川
山中で死に、ここまで流されてきたのだろう。これだけ水が澄んだ川も珍しいが、鹿の骨が転がる川というのもまた珍しい。さすが五島列島、と思った。

さらく 2017/06/12(Mon) 14:30 No.233
瀬戸の潮流

8日、五島列島若松島と奈留島間の滝ケ原瀬戸。大潮の時で、この時間は6,7ノットの南流れ。クレーン載せた台船を曳く船もちょうどそれくらいの速度しか出せず、にっちもさっちも行かず。30分くらいこの場所を動けないでいたが、何とかUターンして戻って行った。流れで岩壁へ寄せられていたかもしれず、必死に脱出したことだろう。それにしても、あんな時間になぜ瀬戸に入ったのかな。写真クリックし拡大してご覧ください。

さらく 2017/06/12(Mon) 14:15 No.231 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -